Windows7のサポート期限について

今日はWindows7のサポート期限についてのお話をしたいと思います。

皆さん、Windows7をお使いになっている方も多いかと思いますが、そのWindows7のサポートが2020年1月14日に終了するという事をご存知でしょうか?
あと1年ちょっとですよね~。まだ1年あると考えるか、もう1年しかないと考えるかはいろいろ考え方はあると思いますが・・。

ただ、2020年1月14日を過ぎるとパソコンが突然使えなくなるって事はないんです。それでは、このサポート期限が切れるとどうなってしまうのでしょうか?

その前に、そもそもサポートとはどういったものなのかをお話ししてみたいと思います。
サポートというのは、皆さんが使っているパソコンに搭載されている基本ソフトであるWindowsを発売元のマイクロソフトさんが発売後一定期間の間、無償で不具合等に対応したプログラムの更新をしてくれるサービスの事なんです。例えば、ウィルス等に攻撃される可能性が発生した場合やWindows自体の問題点が発見された場合など、それぞれに対応した更新プログラムをインターネット経由で配布してもらえるって事なんです。

このサポートは無期限ではなく期限があります。Windows7の場合、その期限が2020年1月14日までという事なんです。
つまり、2020年1月14日以降、Windows7を使い続けていると、新しいウィルスの被害にあったり、パソコンの動作が不安定になったりといった事になる可能性が高くなるという事です。もちろん先ほど話したとおり、すぐに使えなくなるって事はないので、そのまま使い続ける方もいるかもしれませんが、それでもし他人にウィルス被害を与えてしまった場合は、被害者から訴えられたりする可能性も出てきます。

なので、出来るだけ早めに、新しいパソコン購入を検討するとか、WindowsをアップデートしてWindows10などにしていくか等対策を考えておく必要があるんです。

特に業務(仕事)でパソコンを使用している方などは、専用のソフトを使用している場合があると思いますので、その場合は出来るだけ早めにソフト作成会社に相談をする必要があります。
新しいパソコンにしたら、ソフトの修正や、場合によっては作り変えが必要になる場合もあります。

もちろんインターネットに接続せず、パソコン単体で処理を行うという場合は、ウィルスの拡大被害はないので、そのまま使い続けても問題ないとは思います。ただ、ずっと使っていると徐々に動作が遅くなったり不安定になったりしていくとは思いますが・・。

このようにWindowsの無償サポートには、期限があるという事を知っておいていただければと思います。
これはWindows7だけの話ではなく、もちろんWindows8.1や最新のWindows10にもサポート期限があるという事なんです。
ちなみにWindows8.1は、サポート期限が2023年1月10日まで、Windows10は2025年10月14日となっています。
ただこれは、使っているユーザーの影響度を考慮して、マイクロソフトさんが延長する可能性もありますので、これで確定という訳ではないんですが、どちらにしても無限にサポートがある訳ではないという事なんです。

最近のパソコンはインターネットに接続せずに使用するという事は稀だと思いますので、サポート期限が切れた状態で使用するという事は、自分だけでなく他人にも被害を与えてしまうリスクが高まるという事になると思います。

このサポート期限という事を少しでもいいので意識してパソコンを使っていただければと思います。

シェアする

フォローする