人工知能について

こんにちは、ビットコミュニケーションズの内海です。

昨夜、ソフトバンク株式会社の首席エヴァンジェリストの中山先生から、
ソフトバンクのロボット「ペッパー」とIBMの人工知能「ワトソン」の
セミナーを聞きました。

ペッパーとワトソンを組み合わせる事で、販売時の接客やコールセンター
業務など今までは対応する人のスキルに左右されていた応対を均一に、
しかも正確に行う事ができるという話でした。

また、ペッパーを店頭に導入する事で来客数が2倍近くになったという
事例も紹介していただきました。

このように人工知能の進化によって、我々人間の生活が便利で快適になって
いく事は間違いない事なのですが、人工知能が我々の生活に浸透していく事
によって、社会の変化も起こってくることが懸念されています。

例えば、2015年12月に野村総研が発表したレポートによると、
10~20年後までに日本の労働人口の約49%が今現在の職業が人工知能
(コンピューター)によって仕事がなくなってしまうという推測結果が出て
います。
人工知能やロボット等による代替可能性が高い職業として、
一般事務、受付、警備員、新聞配達員、運転手、清掃員、製造作業員
など100職種ほど挙げられています。
一方、創造性、協調性が必要な業務や、非定型な業務は、将来においても
人が担う可能性が高いと記されています。

実際に本当に上記の職業が人工知能にとって変わられるのかは別として、
このように人工知能やロボットなどがどんどん進化していく事で、今までの
社会構造が変化していく事は間違いないと思います。

人工知能

********************************************************
株式会社ビットコミュニケーションズ
内海 信一(utsumi@bit-com.info)
高松市十川西町171-4(事務所)
高松市川島東町880-3(本社)
TEL (087)848-9855 FAX (087)848-9856
TEL (087)887-0534(人材派遣専用窓口)
http://www.bit-com.info/
********************************************************

シェアする

フォローする