貴社にとって最適なシステム開発手法とは?

こんにちは、ビットコミュニケーションズの内海です。

皆さんの会社にとってシステム開発を行う際の最適な手法とは何でしょうか?
突然そんな事を質問されても困る方が多いのではないでしょうか。
システム開発の規模や納期、予算などによってシステム開発手法が異なってくる事を
ご存知でしょうか?

システム開発手法はさまざまあるんですが、現在実際に数多く使われている2つの
手法について説明したいと思います。

1つ目は、ウォーターフォールという手法です。
古くから(1970年に提唱)使われている手法であり現在でも主流の開発手法です。

システム開発を複数の工程に分け、各工程の終了時に成果物を作成することにより、
各工程における品質の確保を図ります。
ウォーターフォールという名は文字通り「水が流れ落ちる」様に工程が進むことから
名付けられており、上流工程から下流工程まで流れる様に開発が行われます。

工程としては
・要件定義
・基本設計
・詳細設計
・プログラミング
・各種テスト(単体、結合、統合、運用など)
・本番化
・運用、保守
といった感じになります。

計画がしやすく進捗管理も行いやすい事から、比較的大規模のシステム開発に適した
手法と言われています。

それに対して、プロトタイピングという手法があります。
これはシステムを機能ごとに分け、それぞれの機能ごとにとりあえず試作版
(プロトタイプ)を作成し、それを使いながら継続的に改良を行っていくという
手法です。

前述したウォーターフォール手法は各工程ごとに成果物(ドキュメント)が作成され
内容を確認した上で、次の工程に入るのに対し、プロトタイピング手法はとりあえず
機能毎にプログラムを作成し、運用してみて不具合部分を改良していくというやり方
です。

もちろんどちらがいいかという問題ではなく、開発するシステムの規模や納期、予算
に応じてどちらが最適化を検討していく事が必要なのです。

是非一度ご相談下さい!!

273730007-1450154545_l

**********************************************
株式会社ビットコミュニケーションズ
内海 信一(utsumi@bit-com.info)
高松市十川西町171-4(事務所)
高松市川島東町880-3(本社)
TEL (087)848-9855 FAX (087)848-9856
TEL (087)887-0534(人材派遣専用窓口)
http://www.bit-com.info/
**********************************************

シェアする

フォローする