先日、NHKでiFarmのことが取り上げられました。

テーマは、「インターネットで農業を変える」

IMG_9331

Facebookページ⇒ http://www.facebook.com/ifarmkagawa

iFarmってどんな機能があるの?って方のために機能説明をしておきますね!

基本の入力は作業日誌をつけるイメージになります。
作業日誌には3パターンあり、
 ・圃場にかかわる作業
 ・圃場にかかわらない作業
 ・種、苗にかかわる作業
にわかれます。
それぞれに作業時間からの作業費などを算出し、圃場ごとにどれだけの原価がかかっているかを把握することができ、出荷時の価格交渉等に役立てることができる。

作業日誌の基本は、
 ・作業日
 ・作業内容
 ・圃場
 ・作業員
 ・作業員別作業時間
 ・備考
を記録します。

例外として、
 ・定植作業 (種・苗よりどれをどのくらい植えたか)
 ・施肥作業 (どの肥料をどのくらい使ったか)
 ・農薬作業 (どの農薬をどのくらい使ったか))
 ・収穫作業 (何キャリー収穫したか)
の作業日誌には、括弧内の内容が追加されます。

■作業管理
 すべての作業の時系列での一覧表示。
 作業の追加、削除、編集が可能。

■圃場管理
 圃場別に作業状況を一覧表示。
 圃場に対する作業の履歴の閲覧、追加、編集、削除が可能。
 圃場ごとに作業時間の合計を表示

■圃場外管理
 時系列に圃場外の作業を一覧表示。
 作業の追加、編集、削除ができる
 作業ごとに作業時間の合計の表示

■種・苗管理
 種・苗ごとの作業状況を一覧表示。
 種・苗に対する作業の履歴の閲覧、追加、編集、削除が可能
 種・苗ごとに作業時間の合計の表示。

■原価管理
 圃場ごとに、作業時間からの原価の算出値、使用した農薬の原価
 使用した肥料の原価、圃場外での作業の原価、使用した種・苗の
 作業時間からの原価の算出値などを合計した原価の表示

■台帳管理
 ・圃場台帳(エリア、圃場)
 ・品種台帳(作物、品種)
 ・作業台帳(圃場作業、圃場外作業、種・苗作業)
 ・農薬台帳
 ・肥料台帳
 ・キャリー台帳
 ・原価台帳
 ・休憩台帳

といった感じです。