昨今、ランサムウエアなど新しいタイプのマルウエア(ウィルス)が猛威を振るっている状況なんですが、皆さんの事務所のウィルス対策はいかがでしょうか?
ランサムウエア(身代金要求型ウィルス)は2015年上期と2016年上期とを比較すると約7倍の被害状況となっています。もちろん日本国内での話です。

このような状況の中で、今までのようにウィルス対策ソフトだけでは、なかなか防御する事ができないというのが現状です。
とは言え、具体的にどのような対策をしたらいいのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、弊社では法人向けウィルス感染状況調査サービスを開始しました。
調査費用は無料です。
ウィルスだけでなく、スパイウエアや企業にとって危険なグレーツールなど「悪意のあるプログラム」がPC内にどれ位入っているのか等を調査いたします。
この調査結果を元にどのような対策を行ったらいいのか最適な手段をご提案させていただきます。
ウィルス感染してしまっている場合は早急な対応が必要な事はもちろん、感染していなかった場合でもいつウィルスが攻撃してくるかわかりませんので防御の対策が必要です。

是非この機会に状況調査サービスをご検討下さい。

15327782_1351230384928969_2136324741_n