寺院管理-768x596

今回は、寺院向けの門信徒の管理を行うためのシステムのご紹介です。

今までは紙ベースの台帳(過去帳など)を元に管理を行っている場合が多かったのですが、紙だと古くなって破れてしまったり、火災や水害など災害による紛失の可能性もあります。また門信徒が多い場合、手書きで回忌表や各法要の案内を行うのに、必要以上に時間がかかってしまうという要望をうけて開発しました。
必要なデータを入力する事で、年回忌の案内や各法要(永代経、お講づとめ等)の案内状などが自動で印刷されます。またデータは別媒体などにバックアップして保管しておく事で、パソコンが壊れたりした場合でも復旧可能です。
事務作業を効率化する事で、本来やるべき事に時間を多く使う事ができるようになったと喜ばれています。

このようにいつも同じ作業に時間がかかって本来やるべき業務を行う時間が少なくなってしまっているという事はありませんか?同じ事を速く正確に行うのはコンピューターの最も得意とする分野ですので、是非一度ご相談下さいね!!